ストーリー

桜のキーエンブレム後編

投稿日:

前編 おさらい

カミハルムイのニコロイ王は、50年前に起こった王族の悲劇を調べるため捨てられた城に何度も出入りしてました。

捨てられた城は忌まわしい地とされ、ニコロイ王に災いが降りかかることを心配したコトル大臣は、ぷらむとキュウスケにニコロイ王の護衛を依頼しました。

ニコロイ王ぷらむたちが捨てられた城に到着すると、50年前の幻影が現れて、ニコロイ王の姉リタが母親のアグシュナ王妃を手にかけました。

こうして、ニコロイ王は50年前の悲劇を知ることになりました。

カミハルムイに戻ったニコロイ王は、アグシュナ王妃の幻影が「暗黒大樹の葉を……」と言っていたことが気がかりでした。

そこでニコロイ王ぷらむとキュウスケに暗黒大樹の葉を持ち帰るよう頼み、ぷらむは呪われた大地で暗黒大樹の葉を入手しました。

 

桜のキーエンブレム前編へ

 

暗黒大樹の葉をニコロイ王に献上

おもいで映写機:「暗黒大樹の葉を献上

 

王座の間にて

 

 

アグシュナ王妃を恨むリタ姫

おもいで映写機:「アグシュナ帰還の幻影
おもいで映写機:「リタ変調の幻影

ニコロイ王たちが再度捨てられた城に出向くと、またもや幻影が現れました。

アグシュナ王妃が療養から戻り、ニコロイ王子は大喜びしています。

 

アグシュナ王妃は、姉のリタ姫と目が合いましたが会話は無く体調が悪そうです。

母親であるアグシュナ王妃が療養から戻れば喜ぶはず。

しかし、姉のリタ姫は喜んでる様子が一切無く、アグシュナ王妃に冷たい視線を送ってます。

 

リタ姫は母親の帰りを確実にイヤがっています。

 

リタ姫は母親への恨みを抑えきれずケーキを叩き落としました。

 

 

 

封印が解かれたアグシュナ王妃

おもいで映写機:「帰ってきた母

王座の間に大樹の葉を捧げると、アグシュナ王妃の実体が現れました。

 

 

悲劇の真実

おもいで映写機:「アグシュナ王妃の正体
おもいで映写機:「リタ姫の解放

王家の庭にて

黄金の指輪を泉に投げ入れると、聖地への扉が開かれました。

 

聖地にて

妖蟲アラグネとのバトル。

そして討伐。

 

聖地の白い大きな木はリタ姫でした。

リタ姫は50年もの間、たった一人で聖地を守っていたのです。

 

 

桜のキーエンブレム獲得

おもいで映写機:「カミハルムイの平和

王座の間を出てから










おすすめ記事

1

結晶装備の錬金の鉄則は、 未練金の装備代+錬金代 < 結晶売り値 確実に利益を出して職人経験値も稼げ ...

2

効率良くサポでぶちスライムを狩るための、狩場やおすすめパーティーの構成、ちょっとした注意点をご紹介し ...

3

これまでレグナードをサポで挑戦しましたが、ブレス対策無しだとHP半分以下のオレンジ色にさえ出来ず敗退 ...

4

全職業をLv80まで上げる目標まで残り1職。 残りの職業はスーパースターのみで、ついにエンゼルスライ ...

5

サブキャラのレモン(ランプ職人)がLv60結晶装備2セットに錬金して、ぷらむがバトル担当で結晶化しま ...

-ストーリー

Copyright© ドラクエ10 ぷらむ探検記 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.